未分類

ソフトバンク携帯ショップ店員の仕事内容を現役のクルーが語る

どうも、ザイです!

今回はソフトバンクショップ店員の仕事内容はなんなのか?について現役携帯ショップ店員が解説をしていきたいと思います!

これからソフトバンクショップで働きたいと考えている方や気になっている方に向けての記事となっております。

それでは早速みていきましょう!

ソフトバンク携帯ショップ店員の仕事内容は?

まず初めに僕はソフトバンククルーとして勤務して6年ほど経ちます。これまでの経験をもとに解説をしていきます。

仕事内容は主にスマホやタブレット端末の販売。インターネット回線やモバイルwi-fiルーターの契約。自由化によるソフトバンクでんきの契約に、修理受付から操作案内などなど。

あとはプランの見直しで来るお客様もいます。それぞれ細かく解説をします。

・スマホやタブレット販売

スマートフォンの販売がメインといえますが、スマホにも大きく分けて二つ、iPhoneとAndroidがあります。そして販売方法は大きく分けて三つ。

新規契約、機種変更、MNPです。ソフトバンクショップはiPadを使用して契約の登録や接客を行いますが、これら3つもiPadを使用しての登録となります。

料金プラン自体そんなにコロコロは変わったりはしないですが、キャンペーンや端末の新機種はすぐ変わったりするのでこのあたりを毎度覚えなおす必要があるのが少し苦痛です。

タブレットに関してはiPadとAndroidタブレットがあります。iPadに関してはごく一部の店舗では取り扱いがしていなかったりもしますが基本しています。

・インターネット固定回線

固定回線は大きく分けて二つありまして、ソフトバンク光とソフトバンクAirというものがあります。

簡単にいうと光の方が速度は速いけど工事が必要でAirの方は光に比べると速度は遅いがコンセントに挿すだけで無制限のwi-fiがつながるという工事不要のタイプです。

ただし、住所によっては光よりもAirの方が早かったり、料金自体も戸建てやマンションによっては変わるなどもします。

・修理受付

スマホの電源が入らなくなったり、画面が割れてしまったなど、様々な症状で来店されるお客様がいます。その場で解決できない場合は修理受付となります。基本的にiPhoneの場合はApple誘導する店舗が多いですが、Androidやガラケーはショップでそのまま受付になります。

修理期間中は代替機があれば貸し出しとなりますが、基本的にお客様の端末データはメーカーで初期化されてしまうため、事前にバックアップが必要です。

これも全てスタッフがやる!ということではありませんのでご安心を。笑 基本的にはデータ移行をクルーがやることはソフトバンク社より禁止されています。

しかしながら大切なデータもあるというのがほとんどな訳でして、操作はしないけどやり方を伝えるという意味で、データ移行のやり方などを知っておいた方がいいのは事実でしょう。

あと止むを得ず操作しないといけない際にもソフトバンク社発行の同意書をいただいた上での操作が必要になってきます。

・料金プランの見直し

携帯代をもっと安くしたい、という方がほとんどです。そこでプランの見直しで来店されたお客様に最適なプランを提案するのがクルーの仕事です。

例えば独り身でパケット通信量を毎月1Gも使用していない方に大容量プランはもったいないですよね?

あとは不要なオプションを外したりと、その方がどういうスマホの使い方をしていて、何を求めているのかをヒアリングし、最適なプランを案内することが大事ですね。

入社する前はただ携帯を売るだけというイメージがありましたが、多くの商品を販売しているんです。

他にもヤフーカードというクレジットカードの契約や今はやりのPayPayの提案などなど。商品は多いものの、それぞれの商品や受付方法などの知識を習得することができれば、すでに一人前のスタッフになっていることでしょう。

新人研修はあるの?

新人研修は代理店によってあったりなかったりもします。ソフトバンクショップ店員はほとんどが代理店運営でして、看板はソフトバンクですが中身は違う会社が運営しているということがほとんどなんです。

ソフトバンクから店を借りて運営しているということになります。ですのでそこで働くスタッフはほとんどがソフトバンクとは別の会社ということになります。

その会社によって研修の量が変わってきますが、新卒であれば大体は2〜3週間の社内研修はあるでしょう。

しかし、中途採用であれば研修がなく、いきなり現場へなんてことも普通です。習うより慣れろという意味では全然ありだとは思います。

僕も実際に中途採用でしていきなり現場インで右も左もわからないと言った状況でしたが、ちゃんと先輩がついてくれていましたので安心して仕事はできていました。

初めの3ヶ月を耐えるべき理由

携帯ショップ店員になろうと考えている方は、まず初めの3ヶ月は何があっても耐えたほうがよいです。

ソフトバンクショップに限らずとは思いますが、先ほどの仕事内容で数多くの商品や受付があるということをお伝えしましたが、それほどの知識を蓄えるにはやはり3ヶ月ほどの時間は必要になってきます。

これは携帯ショップに限らない話かもしれませんが、人は初めてする行動に対しては脳が疲れやすい傾向にありますが、慣れてくれば脳も疲れにくくなってきます。

例えるなら自転車に乗るまでは苦労しますが、慣れたら自転車に乗ることなんて苦痛とは思いませんよね。それと全く同じです( ´∀`)

携帯ショップ店員は忙しい?やりがいや将来性について解説します!