未分類

20歳でブラック企業から転職してよかったことやホワイト会社の見分け方

どうも、ザイです!

現在は接客業をしています。僕が実際にブラック企業からホワイト企業への転職が成功した経験をもとに、お話をしていこうかと思います。

今現在以下ような悩みを持っている方は是非見ていってくださいね。

お悩み

・ブラック企業に勤めているが転職しようか悩んでいる

・まだ入社したばかりだけど仕事がつらい

・ホワイト企業ってどうやって見分ければ良いの?

それでは早速見ていきましょう!

ザイが経験したブラック企業とは?

僕は高校を卒業後に新卒でブラック企業に就職をしました。もちろんはじめからブラック企業とわかっていたわけではありません。(T . T)

簡単に僕が就職した会社の特徴を何点かあげていきます。

給料が低いしボーナスなんてない

当時新卒で就職をした僕の手取りは16万円でした。その頃の自分からしたらバイトで稼げて5、6万円くらいな頃と比べたら大金だと思っていました。

ボーナスなんて存在しませんでした。いやいや、新卒で手取り16万だったら普通でしょ!と聞こえてきそうですが、昇給なんてものもありませんでしたから。

たとえばそれでも仲の良い同僚や良い上司がいたり、仕事自体に何かやりがいが感じられるのであれば続けてもよかったかとは思います。

会社説明会の時といっていることが全然違う

企業としては当然ながら人を採用したいでしょう。しかし、中にはいいことばかり言って事実と異なることを言う企業も少なからず存在します。

その一例が過去の僕が受けた説明会です。

高校3年生の時に担任の教師と一緒に就職先の本社へ説明会を受けにいきました。その際にはとっても優しそうな人事の方がいて、とてもわかりやすく説明をしてくれました。

内容は倉庫での荷物運び、主に軽作業でして重量系の荷物は機械を使って運搬するといった説明でした。

当時僕は慎重172cmほどで体重が50キロくらいの超がつくほどガリガリだったので、とても重量系の作業なんてできっこないと思っていましたから、軽作業と聞いてホッとしましたね。( ´∀`)

しかし、いざ入社をしてみると、いきなりトラックの助手として稼働し、現場まで荷物を運びにいきました。

そして、なんとその荷物が100キロを軽く超えるコピー機だったのです!えっ。。まぁ、コピー機なんだったら分解とかして軽くして運ぶんでしょう。勝手にそう思った僕は間違いでした。

なんと、二人掛かりでそれを運ぶと言うのです。重いものなら200キロを超えるほど。下に毛布のような担ぐためのものを引いて、二人で担ぎます。

体重50キロほどの僕は生まれたての子鹿のような足になりながらも必死に運びました。。なんとなく想像ができたかと思いますが、話すと長くなるのでこの辺りにしておきますw

パワハラ上司だらけ

これが一番きつかったですね。上司が結論パワハラすぎて嫌になりました。どんな感じだったかと言いますと、基本的にトラックに乗っているときは助手で、カーナビがなぜかないのでマップを見ながら1日ナビをしなければいけませんでした。

少しでも道を間違えたりすると当然ながら降り注ぐ上司の罵声。「おい、お前ちゃんと仕事しないとしばくぞ」←これが普通でしたw

今だからこそ笑えますが、当時の僕は1日中こんな感じで言われていましたのでかなりへこたれていました。

荷物だってかなりの重量系で、身体的にきつくなった時にちょっと休んでいたりしても怒鳴られるといった感じでした。

主に上記で挙げたのが僕が就職した会社の実態でした。


スポンサーリンク



20歳で転職してよかったこと

すいません正確に言うと僕はその会社を4ヶ月でやめていたので19歳だったんですが、多少の誤差は許してください。

そんなこんなで肉体と精神ともに疲弊してしまった僕はついに転職を決意します。転職先は接客業でした。特にやりたいことがなかったので僕は当時スマホで求人サイトを見ていました。

そこで見つけたのは3社ほど。正直そこまで何かこだわりとかはなかったですね。実家暮らしとは言え、お金がない貧困家庭でしたので、すぐにでも仕事を見つけないといけないと思い、早速3社面接に行き、そのうち1社に受かることができたので就職をしました。

事業所にもよるかもしれませんが、以前のようなパワハラは上司は存在せず、手取りも17万とあがり、ボーナスももらいました!年間休日は113日ほどと決して多くはありませんがw

今ではその会社に6年ほど勤め、年収も400万程になり、役職者となることもできています。

あのとき勇気を持って転職を決意したからこそ今があると思っています!

ホワイト会社の見分け方

結論から言うと、これは確実なことはわからないです。しかしながら、見分ける方法は多少なからずあるので解説をしていきます。

ホワイト企業かどうかを見分けるには、実際に面接に行ってその会社の雰囲気が良いか悪いかを見分けるのも手ですし、知人の紹介とかも有力な情報となりますね。

ぶっちゃけ入ってみて悪かったらまた転職をすればいいと思います。今の中小企業なら正直職歴なんてあまりみていない企業も多いと思います。

僕の場合でも、今の職ではパワハラ上司がいなくなったものの、もしまたパワハラ上司がいたとしたら、また転職をしていたかもしれません。

さいごに

今現在新卒や中途入社したものの、パワハラ上司に悩んでいる方や、業務内容が自分と全くあっていないと思い悩んでいる方は、この際に転職をしてみると人生変わるかもしれません。

もちろん、仕事だからつらいこともあるでしょうし、やりたくないことをやらないといけないこともあるでしょう。

しかし、我慢しすぎていざ体(心)を壊してしまってからでは時すでに遅し!になってしまいかねませんので、自分の将来のためにも思い悩まず決意をしてみてはいかがでしょうか。

以上、最後までご覧いただきましてありがとうございます( ´∀`)